« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

2006年7月25日 (火)

スケジュール更新

10月22日(日)に長野県県民文化会館で行われる尺八の八幸会記念演奏会の詳細をスケジュールに載せました。出演者も曲も沢山あってチト大変でした。
八幸会は、この前私がお手伝いに行った葵の会の由香里ネーチンのお父さんである佐藤幸宇山さんの主宰する会です。お近くの方は是非どうぞ。

この演奏会の詳細を入力してる時に改めて思ったんですが、邦楽の人たちの芸名(名取り名)は難しい字が多い。
あ、ちなみに名取り(なとり)というのは、師範の資格を取った人たちの名前のことです。お箏でも、全てのところで師範を取ったら名前をつけるという制度をとっているわけではないですが、例えばうち(松の実會)の場合は、師範になると名前の頭に「操」の字をつけます。その後は自分の好きな字を1字つけます。本名から1字とってもいいし、新しく好きな字をつけてもいいし。結構皆さん悩んで悩んで決めているみたいです。でも、自分の名前って、生まれた時は親とか他の誰かがつけるので自分では決められないけど、名取り名だったら自分で決められるから楽しいといっちゃ楽しいかもですね。松の実會の師範の方はみんな「操○」とか「操○○」とか、必ず「操」がついてます。だから、知ってる人がその名前をみたら「ああ、松の実會の人だな」というのが名前でわかっちゃいます。
また、由香里ネーチンのお父さんの佐藤幸宇山さんは、都山流という流派の尺八を吹いていらっしゃるので「幸宇山」。都山流の師範の方は皆さん「山」がついています。もちろん尺八は都山流だけではないので、他にも色々ありますが。

なんでこんな説明をしてるんだか・・私にとっては当たり前の「名取り」ですが、知らない方は、なんでこんな似てる名前が多いのかと疑問に思う人もあるかと思って少し解説してみました。
謎が解決したとしたら、これ幸い。

|

2006年7月23日 (日)

ゆかた会

今日は、母が主宰している生田流箏曲松の実會のゆかた会でした。 夏だからゆかたを着てのおさらい会で「ゆかた会」。私は例の如く別室で調絃の係だったので、勘弁してもらって洋服でしたが‥‥。
お箏は1曲毎に調絃(チューニング)が違うので大変です。しかも、調絃が狂っていると、いくら上手に弾いてもアウトなので責任も重大な仕事です。思いっきり裏方で地味〜な役割なんだけどとても重要で、間違いのないように常に気を配り、それでも間違えてしまった時には申し訳なさでドーンと落ち込んだりもするけど、上手くいった日にはそれはそれは心地よい達成感を得られる、それが調絃係!
今日は比較的スムーズにいって(お昼は殆ど食べられなかったけど)楽器屋さんも交えて皆で雑談なんかする余裕もあって、爽やかな疲労感‥みたいな。でも、ここのところの雨で楽器が湿気を吸ってしまっていて、楽器のノリとしてはいまいちでした。災害も心配だし、本当にこの雨には困ったものです‥‥
ともあれ、無事にゆかた会が終了しました。お疲れさまでした!

|

2006年7月22日 (土)

スケジュール更新

色々と書こうと思っていることはあるはずなんですが、書いてる途中で「やっぱり今日はやめよう・・」と思ってやめちゃったり、眠かったり、疲れてたり、他にやらなくちゃいけないことがあったりで、少し間があいてしまいました。ブログを毎日書いてる人尊敬。いつかはそんな人になってみたい・・

さて、そのご無沙汰している間に、実はスケジュールを更新してました。9月17日(日)の「野坂惠子”二十五絃箏の世界”」というやつです。国分寺でのコンサートです。そこで、今年の2月に亡くなられた伊福部昭先生のサロメ二部作を演奏します。久しぶりのサロメ。確かレコーディング以来?この夏は、色んなコンサートに向けての練習の日々となります。。

|

2006年7月15日 (土)

スケジュール更新

この夏は、表立った演奏会というのはありませんが、秋には色々あります。まだ詳細がわかっていないものもありますが、知っている限りの予定をスケジュールに載せました。また詳しいことがわかり次第更新します。
今現在、チケットのお申し込みが可能なのが、10月6日と7日の「SEASONS CONCERT」のみですが(確か昨日辺りから発売開始)、全席指定になっているのでお早めに!
このコンサートは1stと2ndに分かれていて、1stはヴァイオリンの鈴木理恵子さんをメインにギターの西村正秀さんとのデュオ、そしてJ-WAVEナビゲーターのVieVieさんによる朗読です。で、2ndは私と尺八の藤原道山さんと、それぞれのソロありデュオありで演奏しようと思ってます。

----------

この前の日曜日に、フラワーアレンジメントの講師をしている友達の美帆が、講師になって3周年を迎えたので、それをお祝いした「ゆかたパーティー」が催され、そこで私も箏を演奏しました。後日、美帆からお花をもらいました↓

Flower1

Flower2_1 正面からと後ろから。
後ろには扇子がささってます。

実物はもっと華やかです。あまりキレイだったので載せさせてもらっちゃいました。お花もらうって嬉しいですね。美帆は羨ましい技術を持ってて凄いなぁとしみじみ。

|

2006年7月 5日 (水)

ゲスト決定!

最近、ここの管理画面がメチャクチャ重くて重くて・・・あまりの重さに更新を断念していたんですが、今日は気合いで待ちました、画面現れるの。
ここのところ自分にしてはマメに更新していたし、この流れは止めないぞ!・・みたいな。

さて、10月28日のコンサートのゲストお2人目が決定しました!!バイオリンの永野亜希ちゃんです。亜希ちゃんとは大学が同じでした。帰国後は色んな方面で演奏してます、特にタンゴバンド「CHICOS DE PAMPA」のメンバーとして活躍中!今回、一緒に弾くの初めてで、凄く楽しみです。
ということで、二十五絃箏はかりんちゃん、バイオリンは永野亜希ちゃんに出演してもらうことになりました。今現在考えているところでは、デュオありトリオありで、2〜3曲ずつお2人には演奏して頂くことになりそうです。

その他にも、音響をお願いする方も決まったり、多分着々と進んでいると思います。
そういえば、私の1枚目のCD「彩-color-」の中に「Spring Rain」という曲があるんですが、なぜかレコーディング以来演奏したことがなくてですね。でもあの曲が凄く好き、と言ってくれる人が結構いたりして。なんで私は今まで弾いてこなかったんだろう・・と自分でも不思議に思ったこともあって、「よし、今回は弾こう!!」と思い立ちました。でも、作って下さったF.A.Bさんにはすっかりご無沙汰していたので、弾いていいですか?と近々聞こうと思っていた矢先の今日、何とF.A.Bさんから電話が!あまりのタイミングにびっくりです。電話の内容は全く別のお仕事のことだったんですけど、本当にお久しぶりだったので「連絡しなくちゃー・・」って思っていた私の念力みたいなのが通じちゃったのかと思いましたよ。
で、弾いてもいいですか?と聞いたら、そんなの自由に弾いちゃってー、と言ってもらえて嬉しかったです。
というわけで、「Spring Rain」弾きます。

|

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »