« 練習 | トップページ | 八幸会 »

2006年10月16日 (月)

由美さんと西川さんと母と私

先週はリハーサルウィークな感じでした。昨日は11月23日の松の実會演奏会の合わせ、今日は31日の藍川由美さんとのジョイントリサイタルのリハーサル。由美さんが雅楽の方たちと演奏する曲以外の5曲をやりました。

このジョイントリサイタルでは、私は箏(十三絃)、二十五絃箏、低音二十五絃箏を弾くんですが、助演の母・野坂惠子は箏(十三絃)、二十五絃箏、三絃を弾きます。そして更に助演の西川浩平さんは能管、篠笛、アルトフルートを吹いて下さいます。何か凄いですよ。
そして圧巻は由美さんです。このリサイタル、どれもそれぞれ個性に溢れている(と私達は思っている‥)んですが、由美さん、歌い方がどれも違う。それぞれの曲で全然違う!凄いことです。
全曲通じて「和歌」という統一したテーマはありますが、それぞれ全然違っていて楽しいです。伊福部昭先生の「因幡万葉の歌」、私は初めて演奏させて頂くんですが、本当に深いです。今日の合わせでも「やっぱり凄い!」と誰もが言っていました。

これでリハーサルウィークはひとまず終わりで、今週は練習週間。合わせた曲たちをもう一度見直して、自分の音にするべくひたすら練習。

|

« 練習 | トップページ | 八幸会 »

日記」カテゴリの記事