« 八幸会 | トップページ | 創香家の金澤明美さん »

2006年10月23日 (月)

葉が色づき始めていた長野

長野から帰ってきました。
八幸会演奏会は盛会でした。盛りだくさんの内容で、みなさまお疲れさまでした。この演奏会は八幸会の35周年記念であると同時に、会主の佐藤幸宇山先生(由香里ネーチンのお父さん)が、所属する都山流から功労賞を戴いたそのお祝いの会でもありました。その功労賞はとても栄誉ある賞のようで、本当におめでとうございました!なのでした。

由香里ネーチン門下の方たちとの「日本の四季」も、助演組の4人で演奏した「出雲路」も、オーケストラと和楽器という大編成の初演曲「誘いの舞」も、どれも楽しかったです。特に「出雲路」は、前日のリハ終了後の夕食時に、皆で演奏のことを話していたら猛烈に盛り上がり、本番もその良い雰囲気のまま「気持ちはひとつ!」みたいな感じで弾けたのがよかったです。

というわけで、演奏会は大変盛会だったのですが、家を出る時うっかり携帯を忘れてしまい、それに関してはどうにもこうにも不便で落ち着かない2日間でした。
電話するにもメールするにも写真撮るにも、私ったらこんなに携帯に依存してたのね‥‥と改めて思い知りました。ひと昔前は無くて当たり前のものだったのに。

|

« 八幸会 | トップページ | 創香家の金澤明美さん »

日記」カテゴリの記事